設立の経緯


バイオ医薬品をはじめとするバイオロジクスは、世界の医薬品市場の中でもその重要度をましており、今後、ますます成長が期待されています。

最近では、バイオ医薬品の主力である抗体医薬から、より開発の難易度が上がる低分子抗体や化学修飾した抗体(Antibody Drug Conjugate)、さらには遺伝子治療薬や細胞医薬へとモダリティが広がりつつあります。また、バイオロジクスは、製品の構造、開発・製造、製造のための設備などで、低分子医薬品とは異なる特徴を有しており、バイオロジクス特有の課題も多く存在します。

一方、過去20年の日本市場におけるバイオ医薬品の開発が停滞したため、バイオ医薬品の開発や製造技術に精通する人材の供給が産官学ともに十分ではなく、特に新たなモダリティにも対応できる「バイオ人材」は殊更に少ない状況です。

こういった一連の課題を克服するため、製薬協バイオ医薬品委員会の提言をきっかけに、AMED、PMDA、神戸大学などの協力も得て、座学教育だけでなく実習教育を行う『バイオロジクス研究・トレーニングセンター』を2017年8月に設立し、2018年4月から「バイオ人材」の育成事業を開始しました。